株式会社永雅

解体工事の実施時に発生する可能性がある有害物質の取扱いについて

  • line
お問い合わせはこちら

解体工事の実施時に発生する可能性がある有害物質の取扱いについて

解体工事の実施時に発生する可能性がある有害物質の取扱いについて

2022/08/272024/05/07

解体工事を行うとアスベストやダイオキシン類、重金属等、様々な有害物質等が生じる可能性があり、各種法律により取扱いが規制されています。


例えば、有害物質のひとつであるアスベストだけを見ても
・労働安全衛生法
・大気汚染防止法
・廃棄物処理法
・建設リサイクル法
・都道府県等条例・要綱
というように、多くの法律等によって規制されています。

 

これらは建築材料の種類や施工面積、建物のある地域によって適応される組み合わせが異なる場合もあり、大変煩雑なものです。そのためか、手続きが不十分な状態で工事を始めてしまうケースなどをニュースでも目にします。

 

株式会社永雅では、解体工事を安全かつ円滑に進めれるよう万全な体制を整えております。

解体工事のお悩み、ご相談はいつでもご連絡下さいませ。
※堺市、和泉市、岸和田市を中心に大阪南エリアで多くのお客様にご利用いただいております。

 

施工事例はこちらへ

----------------------------------------------------------------------
解体見積相談所
593-8301
大阪府堺市西区上野芝町3-6-9-1004
電話番号 : 080-7544-9731


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。