株式会社永雅

空き家の解体費用相場は?解体費が安くなるケースもご紹介!

  • line
お問い合わせはこちら

空き家の解体費用相場は?解体費が安くなるケースもご紹介!

空き家の解体費用相場は?解体費が安くなるケースもご紹介!

2023/02/28

家の解体費用は人生でそう何度もあることではなく、どのくらいの費用がかかるか検討がつかないという方がほとんどかと思います。

 

家の解体費用は同じ工事内容であっても業者によって費用が大きく変わることも多いもので、

家の解体費用は、「解体工事会社(解体業者)」「家の種類」「建物の状態」「立地条件」などによって大きく変わります。


一戸建ての家を解体しようと思った時、その費用相場はいくらくらいになるのでしょうか。

ここでは、一戸建ての解体費用の相場と費用の内訳をご紹介していきます。

 

一戸建ての解体費用の相場

一戸建ての解体費用の相場は、「概ね100~300万円程度」と考えると良いでしょう。

 

勿論、実際の費用は地域や立地・個別の状況により異なります。

おおよその相場は構造ごとにおおよそ以下のように考えることができます。

 

坪単価あたりの解体費用

木造:31,000円/坪~44,000円/坪
鉄骨造:34,000円/坪~47,000円/坪
RC造(鉄筋コンクリート):35,000円/坪~80,000円/坪
 

 

例えば、

30坪程度の木造住宅であればおおよそ90~120万円程度、

40坪のRC造であれば200~320万円程度と計算できるでしょう。

 

木造などの壊しやすい住宅は安く、鉄骨造りやRC造(鉄筋コンクリート)などの壊しにくい住宅は高くなる傾向です。しかしあくまでも目安となるため、実際の見積もりを行って確認しましょう。

 

また、どのような時に解体費用が高くなってしまうのか、あるいはどんな時であれば解体費用が安くなるのか気になる方も多いと思います。

解体費用が高くなるケースと安くなるケースをご紹介していきます。

解体費用が高くなるケース

家具などを残したままにして解体するとその分費用がかかってしまいます。

家を解体して出た産業廃棄物と家具などの廃棄物は、廃棄処理する方法が違うためです。

また、解体作業を行う際に、十分な広さがなければ、重機の搬入に時間がかかることや、養生のしにくさ、廃材運搬の効率も悪くなるためその分費用がかかってしまいます。

 

解体費用が安くなるケース

解体する場所から産業廃棄物処理施設に近いと、廃材をこまめに廃棄することができるため、その分効率が上がり、費用がかからなくなります。

また、家の構造が同じ場合でも坪数が大きくなれば安くなる傾向があります。

これは、建物の坪数が大きくなっても工事工程は変わらないため、人件費や機材準備の費用など、坪数が小さい方が割高になるためです。

 

空き家の解体費用は「建物取壊費用」「廃棄物処理費用」「諸費用」「解体工事会社(解体業者)の利益」「付帯工事費用」の5つで構成されています。

そして、「解体工事会社(解体業者)」「家の種類」「建物の状態」「立地条件」などの条件によって大きく変わります。

そのため、正確な空き家の解体費用が知りたい場合は、実際に解体工事会社(解体業者)へ見積もりを依頼することをおすすめします。

 

株式会社永雅では、迅速・丁寧・低価格をモットーに、環境にやさしい解体工事を目指しております。

解体費用や節約方法など、他社の見積もりでご納得されなかった方はいつでも株式会社永雅までご相談ください。

(見積り時、別途料金は残置物及び基礎解体時の地中埋設物の撤去処分のみ)

※堺市、和泉市、岸和田市を中心に大阪南エリアで多くのお客様にご利用いただいております。

----------------------------------------------------------------------
解体見積相談所
593-8301
大阪府堺市西区上野芝町3-6-9-1004
電話番号 : 080-7544-9731


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。